CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

UPDATE: 03/30, 2011

社会貢献活動

CSR



"残布をどうつかうのか!? "

-お洒落な2着と不幸な1着。

服を作るとき、およそ3割の「残布」が生まれますが、「残布」は大抵の場合そのまま捨てられてしまいます。 つまりオシャレな服を2着作る毎に1着分がそのままゴミとなるのです。
工場で排出される生地は当然企業ゴミなので日本国内では捨てるにも経費がかかりますが、これは当然加工賃に上乗せされます。 昨今の低価格ファッションは国外の低賃金縫製が可能な地域により実現されており、有料ゴミの負担は日本のファッション産業における国際競争力の損失に繋がっています。 さらには大量生産が前提の低価格商品の流通は同時に大量のゴミを創出し、多大な環境破壊に繋がっています。

-「回収・加工・再生」はデザインコンセプト

androgyneは工場で排出される残布をそのまま捨てることなく、 「回収・加工・再生」をデザインコンセプトの一部としたモノ創りに取り込むことで積極的にゴミ削減の努力をすると同時に国際社会におけるファッション産業の競争力維持に貢献します。

-オーダーメイドはエコロジー。

オーダーメイドは1着ずつ制作されるためそのほとんどの工程が手作業となります。手作業となることで細部に目が行き届くため大変無駄が少なく、ゴミ排出量を効果的に低減できます。

PAGE TOP